【001】藁田(わらだ)

  • 座布団として使う人もいるとか...

    座布団として使う人もいるとか...

  • 名前と形を知っている人は、少ないのでは...

    名前と形を知っている人は、少ないのでは...

わら製のせいろ敷き「わらだ」。地域によっては「へわ」と呼ばれているようです。
直径約49cm。中心の穴17cm、厚さ6cm。手作りなので、大きさに多少のばらつきがあります。
せいろを使って蒸し物をするときに、釜とせいろの間に入れて効率よく蒸気を上げるための物。地元で作っていた人がいたのですが、亡くなってしまい、20年以上作れる人がいませんでした。
一個だけ残った物を手本に、昔わらだを使っていた人達から情報を集めながら、秋田県在中の昭和63年生まれの若い農家さんが作りました。
農薬や化学肥料などを使わない無農薬・自然栽培で育てたお米の稲から作った稲わらを使っています。
刈り取ったワラは天日干しで2週間から1か月ほど干した後、丁寧にハカマを取り、下ごしらえをしてから細工に使います。農作業の合間に作るので、1年に10個くらいしか作れません。
無農薬で化学肥料を使わずに育てた稲ワラは、とてもきれいで、細工しているときに手が汚れないそうです。
残留農薬の心配も無いので、食品を蒸すのに安心して使えます。
現在では、なかなか見ることも無い物ですが、味にこだわるプロのお店などでは、特注で使っています。
直径約49cm。中心の穴17cm、厚さ6cm。手作りなので、大きさに多少のばらつきがあります。

価格:7,000

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索